格安スマホ「Desire 626」のカメラを使ってみた感想

◆写真の設定

「Desire 626」には「Zenfone 2 Laser」のようにスリープ画面やロック画面からカメラを素早く起動する方法はないようです。

■カメラをホーム画面から起動する
「カメラ」アイコンをタップします。

「カメラ」アイコンをタップします。

■写真比率を変更する
「設定」をタップします。

「設定」をタップします。

「トリミング」をタップします。

「トリミング」をタップします。

好きなサイズに設定します。

好きなサイズに設定します。
ちなみに、Lサイズにプリントするのなら(4:3)の比率にしておきましょう。
(16:9)だと縦長になってしまいます。

◆「Desire 626」のサンプル画像

では、いよいよ「Desire 626」で撮影してみます。
そのままupすると、あまりにもデータが大きいので2MB位にリサイズしてあります。
特に説明のないものは「オート」で撮影しています。
何の修正もしてありません。
クリックして頂くと大きくなります。

風景ですが、晴天の朝9:30頃なのにこの青さはどうしたのでしょう?
風景ですが、晴天の朝9:30頃なのにこの青さはどうしたのでしょう?

フォックスフェイス
今日はフォックスフェイスの実が生っていました。
「Zenfone 2 Laser」と同じく葉毛まで表現されていましたよ。

遅咲きの向日葵
遅咲きの向日葵

お寺の山門
お寺の山門

お仁王さん
お仁王さん、顔が明るく撮れています。

イチョウの大木
イチョウの大木

イチョウの落ち葉
イチョウの落ち葉

山茶花
この山茶花、白飛びしていたのですが、画像の光が当たっている部分をタップすると少し暗くなって陰影のある写真になりました。

本堂
本堂

逆光の鐘突堂
逆光の鐘突堂をオートで撮ると建物が暗くなりました。

HDRで撮る
HDRで撮ると明るくはなりますが、空の色が飛んでいます。

スーパーマリオのふわふわドーム
スーパーマリオのふわふわドーム

アヒル
アヒル

全体に青みがかった色合いに撮れるのが難点です。
自動でピントおよび露出を調整しますが、露出が低い場合、画像の影になっている部分をタップすると明るく撮れます。
反対に、画像の露出が高そうな場合、画像の光が当たっている部分をタップするとバランスのとれた露出にしてくれるのが優れた機能です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする